TOP
最新号
バックナンバー
作業・交流会
会員の声
掲示板
リンク
マンガ
お勉強
ブログ
プロフィール
入会方法
       

    アトピーだって   おしゃれしたい!

  みなさんは外出時にどんなファッションをしているのでしょう?アトピーであるためにおしゃれにもさまざまな制約が伴います。メイクはもちろんのこと、パーマやカラーリングもできないしアクセサリーも付けられない。いつでも綿パン長袖に帽子をかぶり、ひどい時にはそれに真っ白い綿手袋・・なんじゃこりゃ? 山登りじゃあるまいし。ふと写った自分の姿に悲しくなったりしたもんです。

 「もう女捨ててやる!服なんてかまってられるか、楽ならいいのよ」そう言い聞かせたこともあったけどやっぱりそれは本心じゃない。元々おしゃれ大好きな自分の気持ちをごまかすことはできませんでした。他に工夫のしようがないのなら、せめて服だけでも何とかならないものかと思うのです。

 

 体型の違い、肌の色の違い、年齢や体調によっても着たい服は違うはず。人と同じ格好をしなくても、アトピーにはアトピーに合った服がある。体を服に合わせなくても服を体に合わせて作ればいいのです。そう考えて自分の服から作り始め、昨年は念願のネットデビューも果たし少しずつご注文もいただくようになりました。そして沢山の方からメールをいただくようになり新たに気づいたことがありました。

 アトピー患者が欲しいと思っている服には共通点があること、それぞれが多くの不満を持っていながらそれを聞いてもらえる場がないということ、どうせ言ったってわかってくれるわけないんだからとみんな諦めているのです。

できることならみんなの希望を全部取り入れた服を作りたい。でも多少ミシン馴れしているというだけで所詮は素人の私、大量生産もできないしコストもかかり過ぎる。やっぱりここから先はプロの手にお任せするしかないか、と企業への働きかけを考えました。

 

◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

 

そして、ずっと大好きで利用していた通販会社フェリシモに「え〜い、ダメでもともと!」と4月中旬にメールしたところ5日後にお返事をいただき、1ヵ月後に商品化の検討を始めましたとお電話をいただき、なんとフェリシモの方がうちまで来られることになりました。「お話が伺いたいから」という理由だけで、わざわざ神戸の会社から熊本の私の自宅までです。

 これにはメールした私自身がびっくり!なんというすばやい対応。さっすが、わが愛するフェリシモ!!!たった一通のメールを真剣に取り上げて下さり、早くも商品化に向けて動き出していることには本当に驚きました。そしてフェリシモ人気の秘訣は、やることをやってるからだと確信しました。

 

 服を作れる人は世の中にいくらでもいるけど、私達の気持ちをわかった上でやって下さる方に出会えるのか?半信半疑でお会いしたフェリシモの方でしたが、「企業としては今まで手の出せなかった新しい分野に挑戦するチャンスを与えていただいたと思っております。何年、何十年かかるかわかりませんがみなさんのお力をお借りして何とか頑張っていきたいと思います」というお言葉には力強いものがあり、またものを作ることに対しての謙虚な姿勢を感じました。

 これは絶対うまくいく!やっと見つけた、私の、私達の希望をかなえてくれる人。そちらがもの作りのプロなら私達はアトピー患者のプロ、いいものができあがるまでずっとずっとつきまとってやる〜。覚悟してね。

 

 その日から商品サンプルの製作が始まりました。といっても私はサンプルを送っていただいて、ああだこうだとメールで言いたい放題言ってるだけ。縫い代を裏に出さないでとかステッチ幅が気に入らないだとか、自分で作れもしないのにいちゃもんつけまくり。これで着たい服が出来上がるなんて、こんな面白いことがあっていいのだろうか?

 そして私の希望を最大限に取り入れていただき、ウエストや肩にダーツが入って体のラインがスラリと見え、ほれぼれするような美しいステッチの、それでいて縫い代が肌に当たらない、ステキなシャツが完成いたしました。このシャツがどれくらいの方に受け入れられるのだろうか?それを知るために私を含め5人でモニターし、その意見レポートを持って10月10日、神戸のフェリシモ本社へおじゃまさせていただくことになりました。

                  いざ、フェリシモ

 いよいよあこがれのフェリシモへ。熊本からの4時間の道のりなんて、ぜんっぜん苦じゃありませ〜ん。会いたかったよ、井崎さん、吉岡さん、おひさしぶり〜!(いつもメールしてるからすっかり友達気分)。出てくる出てくるいろんなサンプルが。長袖Tシャツ、ニット、パンツ、どれも縫製に工夫がしてあり、これぞプロのお仕事って感じ。この人達はほんとにやる気ね、よかった〜!

 服のことから始まって石鹸や洗剤や雑貨のことまで、もり上がりしゃべりまくりで3時間があっという間に過ぎ、第1回アトピー会談これにて終了。今後も2回、3回と、いつまでも続けていきたいものです。そしてそのうち“困った時はフェリシモへ”という状態にしてみせますとも!(私はフェリシモの社員ではないのでこの発言には全く責任もてません)。

 たった1枚の服で、その日1日ぱーっと明るくなることもあるのです。たかが服、されど服ですよ。これからも痛烈な意見でガンガン行きますのでよろしくね、フェリシモのみなさん。

  

 

担当デザイナー 井崎孝映(いざきゆきえ)さんのメールより

 今回このような場を持てましたこと、また皆さんから大変貴重なご意見を頂くことが出来ましたこと、本当に感謝しております。普段何気なく過ごしている私達(作り手)はいったい何を今までやってきたのだろうとほんとに恥ずかしく思えます。改めて考えさせられることが多かったです。これからちょっとづつかもしれませんが、苦しんでいる方々、そして何より人生をエンジョイしようと思っている方々のためにもなんとかがんばって見ようと思います。

熱弁をふるう井崎さん

当日参加 または モニターしていただいた方からの感想 

 女性衣服や肌着の着心地を徹底的に消費者の意見に添うように努力してくださるフェリシモのスタッフさんのパワーには恐れ入りました。なんといっても井崎さんの今回のコンセプトを聞いて3秒間失神状態になりました。(失禁ではありません。念の為)僕も衣服に抵抗なく楽しくワクワク着たいです!し、しかし・・・男性物が〜ほしい〜。期待してますフェリシモさん。[井崎孝映ファンクラブ会員No,0001会員申し込み受付はファンクラブ会長mayuさんまで]                           

                 ** つよぽん **

 

 フェリシモからモニター用のシャツを手にしたとき、まず思ったのは「へぇ〜、こんなふうに縫えるんだ〜!さすがプロだわ。」という事。どこがどうすごいのか、文章で伝えるのは難しいけど、襟や脇、袖口などが、擦れても痛くないような縫い目になってるんです。これは症状がひどい時はありがたい一着になりそう。また、スーツにもジーンズにも合うデザインで、襟元にスカーフをあしらってもいい感じ。おしゃれを楽しんでみようかなって、その気にさせるシャツですね。今後は擦れても痛くない下着の企画もぜひお願いしたいです。フェリシモのスタッフの皆さまの心意気に感謝します。             

                  ** M・K **

 フェリシモに着くやいなやとーってもきれいなオフィスにびっくり。美人のスタッフ方にびっくり。アトピーの知識はないといいながらもでも本当に熱心に私たちの話をきいてくれて、その真摯な姿勢に私たちも言いたい放題。私は生地や縫製のことは、詳しくわからないけれど 、何か希望に合ったものができるのではという期待感でいっぱいになりました。私たちの意見が製品になるってなんかスゴイ!着心地だけを優先しておしゃれ心など捨ててしまった私にとって、また多少のおしゃれ心が芽生える日は近いかも・・・。  

                           ** オリーブ **

                                                                                                                                                   

 何を隠そう、私の短大の専攻は被服でした!アトピーがひどくなる前から洋服の生地には何が使われているのかに、ものすごく興味のある人だったんです。フェリシモの皆さんには縫製や生地についていろいろと教えていただき、とても勉強になりました。また、言い   
たい放題の私たちの意見を聞いてくださったこと、ホンとにうれしく思います。私が一番しゃべってたよね?すいません。庄司隊長のもと、夢が実現するプロジェクトの隊員の一員としてがんばりま〜す!              

                          ** プルー **

 

 梅雨時から夏の服探しに長年苦労していた私は、今回ご縁があってフェリシモへの同行という機会を与えてもらい、とてもいい経験をさせてもらいました。綿しか着れない、ピタッとした服も痒くなるしとほとんどあきらめていたのに、モニターがきっかけで、女性らしいデザインの服にもチャレンジしようという気持ちが湧いてきました。同じ仕事をするのでも、こんなに気分が違うのかと自分でも
びっくり。今後の展開が非常に楽しみです。      

                            ** ひろねぇ **

 

こうしてアトピー患者のための服づくりは、いよいよ本格的に始まりました。今までにみなさんから出していただいたご意見はすべてフェリシモに送らせていただきました。この企画を取り上げていただけたのも、私の個人的な意見ではなくアトピー患者はこんなに
困っているんだということをわかっていただけたからだと思うのです。

私の役目はアトピー患者とフェリシモとの橋渡しであり、みなさんのご協力なくしては成り立たない企画です。これからも思いついたことがあればどんなささいなことでも教えて下さいね。

もしかしたら、あなたの考えた服が製品化されるかもしれません。 

  パンツ試着中!

         熊本県(当時)/ mayuさん        

            

                  

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO